忍者ブログ
top

普段はまるで縁のない探偵。しかしいざという時、頼もしく感じるのが探偵という存在。そんな探偵についていろいろ書いていこうと思っています。

2018.12
2018.11  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >> 2019.01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


探偵の仕事は浮気調査だけと思っている人は実際にかなり多いです。
確かに探偵の仕事としてかなり有名なのが浮気調査になるのですが、これだけが仕事というわけではありません。いろんな仕事をしているのが探偵です。

ではどのような仕事をしているのか、まず浮気調査以外に比較的有名になのがストーカーの対策になります。
ストーカーの問題はかなり深刻化されていて、昔よりも警察が動いてくれるようになってきています。しかしそれでも警察の対応自体甘く、なかなかしっかりとした対策をしてくれないのが現実です。

そこで心強い味方になるのが探偵。
盗聴器を探してくれたり、ストーカーの被害状況を調査し、報告書としてまとめて貰うことで、警察も被害状況がわかり、動きやすくなります。他にもストーカーの状況に適した対応・対策を講じてくれます。なのでストーカーに悩まされているけれども警察が動いてくれないようなら探偵にお願いする方法もあることを知っておきたいですね。

その他にも、どうしても会いたいけれどもどこにいるのかわからない人を探してくれたりなど人探しもしてくれます。素行や行動の調査、企業や個人の信用調査など浮気調査だけでなくいろんな仕事をしてくれるのですが、ただ犯罪に加担してしまうような仕事はしてくれません。
あくまでも、犯罪にかかわらないような仕事のみになりますので、自分が依頼したいと思っていることに対して、まずは相談してみるのが一番になります。

PR

探偵を選ぶというのは、なかなか難しいものです。
評判から探偵事務所を選ぶ。というのが、一番信頼できそうなのですが、
これはこれでどうやら問題があるようです。
評判からの探偵事務所の正しい選び方
評判の良し悪しで、すぐに選んでしまうのではなく、評判の信憑性が
大事になってきます。
また料金だけで、探偵依頼を考えてしまう人が多いようですが、
これもまた知っていなくては、悪徳な探偵に騙されてしまうリスクが高まります。
探偵の料金トリックとは

信頼できる探偵とは、料金も明朗なんですが、どうしてもより安いところを
探してしまうのが人というもの。
高すぎるのも問題ですが、目を引く位の激安には必ず裏がある。と考えた方が
良いようです。

数年前の話なのですが、ニュースを見ている時、いじめの問題について
もしも子どもがいじめにあったとしたら、どう対処するのかについて、
通りがかりの人にインタビューをしているのを見ました。

その中の一人のお母さんが対処法として答えたのは、
探偵へいじめの実態調査を依頼する。というものでした。

年齢的にも若いお母さんだったので、探偵の調査について知っていること
自体に驚いたのを覚えています。
探偵の調査について、少しでも知識があれば、いざという時の
選択肢の一つとして調査が出てくるものです。

いじめだけでなく、他のどんなことで調査が役立つかはわかりません。
けれど知っていて損がない情報。それが探偵の存在と調査についてだと思います。

探偵に依頼する時、発生することのあるトラブルについて
ある程度知っておく必要があります。
トラブルの中でも、料金に関する内容のものが多いのが特徴。
国民生活センター
トラブルとして、多い事例に関しては、国民生活センターに
相談が寄せられているケースもあります。
もっとも重要な探偵の料金相場
探偵についてのトラブルは、料金に関するものでも、
探偵についてほんの少し知識を持っていれば、回避できるものが多いのが特徴です。
また、依頼者側の問題によるトラブルも見受けられます。
探偵に依頼する際は、しっかりと契約内容を理解し、
納得してから契約をすることが、トラブルを招かない第一歩の様です。

探偵に求められるもの。前回は、運転技術についてでした。
今回は、探偵になるために求められる、一番オーソドックスなもの。
それは、「忍耐力」です。

探偵の調査で依頼が多い調査は、素行調査や浮気調査など、
張り込み・尾行が中心の調査。
対象者が動かなければ、1日中対象者の動きがあるまで
張り込みを続けることもある。
ただひたすら、対象者が動くのを待つ。これがいかに大変なことかは、
実際に調査を行う探偵しかわからないのかもしれません。

対象者の動きを待つ間に、近隣住民に不審者として警察に通報される
こともあるようですし、厳寒の冬の日や灼熱の夏の日でも、
ず~っと対象者が見える位置に居続けなければいけません。

エンジンをかけ、車の中から張り込めばいいんじゃない?と
考えてしまっては、探偵はできません。
エンジンを長時間かけていれば、近隣住民から怪しまれる確率は
より高くなるでしょう。

ただただ対象者が動くまで待つ。

ゲームをして待つことも、本を読んで待つことも、動きを逃してしまう
可能性のあることはできません。
探偵の調査の基本である、張り込み・尾行は、本当に忍耐が必要なのです。
hide プロフィール
HN:
探偵L
性別:
非公開
hide カテゴリー
hide P R
Copyright 考える探偵 by 探偵L All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom